講演では日英同時通訳システムをご利用いただけます


プログラム2日目
2018年5月25日
 
09:00 開会の言葉

セッション 5 - (セッションタイトルは後ほど決定)
09:15 CO2排出量 削減 目 標
  • • カーボンマーケットの概要
  • • 石炭火力から離れることへの抵抗感について
  • • PV導入の障壁を克服するには
09:45 二国間クレジット制度(JCM)
  • • 制度利用のプロセスや利用者の経験
  • • 海外へ技術や知識を輸出する機会について
  • • 日本がCO2排出量 削減 目 標を達成するための取り組み
10:30 - 11:15 AMコーヒーブレーク

セッション 6A | データマネジメント

11:15 データの取得と分析
  • • KPIの標準化と近代化
  • • モニタリングシステムに期待すること
  • • ドローンがもたらす価値と可能性
12:00 データ分析の導入
  • • OPEXを削減する機会
  • • 予防保全を可能にするには
  • • 遠隔操作に可能なことと、要求されること
  • • 将来への展望

セッション 6B | アセットのための保険 & セカンダリーマーケット

11:15 太陽光発電の保険&保証
12:00 日本における太陽光発電所の取引 とデューディリジェンス
  • • 日本におけるPVセカンダリーマーケットの概要
  • • 適切な取引を行うために重要なこと
  • • 資産のパフォーマンスとキャッシュフローをモデリングする際に学んだ教訓
  • • デューデリジェンスの考慮事項
12:45 - 14:00 ランチブレーク

セッション 7A | グリッド&ストレージ

14:00 グリッド運用
  • • 現在電力会社が保持するグリッド接続容量
  • • 入札制度におけるグリッド接続のプロセス
  • • 出力抑制の財務リスクを評価するには
  • • グリッド革命:スマートグリッドとVPP
14:45 蓄電池
  • • PV発電所+蓄電池のプロジェクトの現状
  • • O&Mへの取り組み、現状、課題について

セッション 7B | インベストメントファンド

14:00 インフラファンド市場
  • • ファンドの構造と上場までのプロセス
  • • インフラ資産のリスクとリターンの特性
14:45 稼働している発電所の再生ソーラーファンド
  • • 既存しているソーラーファンドの構造と経験
  • • 適切なアセットの選択と長期間にわたるモニタリング
  • • 機会とリスクアセスメント
15:30 - 16:15 PMコーヒーブレーク
セッション 8 - 将来への展望と目標
16:15 日本の太陽光発電市場の歩む道:その先にあるものは
  • • 電力価格の推移
  • • 低FIT価格におけるビジネスモデルの再構築
  • • ブロックチェーン技術を利用した戦略
17:00 閉会の言葉 & ネットワーキングドリンク
カンファレンス終了
 
プログラム2日目
2018年5月25日