CEOインタビュー:日本の太陽光発電市場に対するCO2Oのビジョンとは

Comment

CEOインタビュー:日本の太陽光発電市場に対するCO2Oのビジョンとは

 このたび、日本国内のO&M・デューデリジェンス主要プロバイダーのひとつである「株式会社CO2O」の代表、酒井正行氏にインタビューを行いました。

同社は2017年度ソーラーアセットマネジメントアジアのカンファレンス最上位スポンサーであり、酒井氏には最終セッション(パネルディスカッション)にご登壇いただきました。

このインタビューでは酒井氏に、自社の事業・活動内容、そして日本の太陽光発電市場に対するビジョンについてお話いただきます。

Comment

日本の太陽光発電事業者の断片化率の高さに関する洞察

Comment

日本の太陽光発電事業者の断片化率の高さに関する洞察

日本の太陽光発電市場は米国、カナダ、ドイツ、イタリア、イギリス、フランス、スペイン、チリ、そしてインドを含む主要国のなかでも、最も断片化率が高いということがGTM Research社およびSOLICHAMBA社により発行された調査報告書「Solar PV Asset Management 2017-2022: Markets, Investors, Asset Managers, and Software」で確認されました。ソーラープラザもパートナーとして、調査の協力を行いました。

日本の市場はどのように断片化されているのか?他国と比べどのような状況なのか?調査レポートの概要と共に説明していきたいと思います。

Comment

日本の稼働済み太陽光発電所ポートフォリオTOP30

Comment

日本の稼働済み太陽光発電所ポートフォリオTOP30

日本の太陽光発電市場への理解を深めるため、今年もまた太陽光発電所ポートフォリオTOP30表を作成いたしました。太陽光発電所を最も多く所有する企業に絞り、10kW以上の産業用太陽光発電所の所有に絞って調査をし、昨年のランキングと比較して追加や変更点などを反映させております。
日本の太陽光市場は落ち着いてきたとはいえ、昨年から今年の間も多くの太陽光発電所が建設されているのを見れば、いまだ多くのポテンシャルを含んでいる市場であるといえます。

Comment

改正FIT法:日本の太陽光発電の新たな幕開け

Comment

改正FIT法:日本の太陽光発電の新たな幕開け

2017年2月21日、ソーラープラザは無料ウェブセミナー「太陽光発電市場に関わる改正FIT法の解説と日本のO&M市場の動向」を開催しました。株式会社資源総合システム調査事業部長の貝塚泉氏と、GSSGソーラー事業本部長マーティン・メズマー氏をお迎えし、最新の日本の太陽光市場の規制動向と、O&Mの動向についてご講演いただきました。このウェブセミナーの録音音声と、講演者が使用したスライドをウェブサイトに掲載しておりますので、こちらからご自由にご覧ください。

Comment

浮かび上がるニッチ市場? 世界に広がる水上ソーラー発電所

Comment

浮かび上がるニッチ市場? 世界に広がる水上ソーラー発電所

今や世界中で導入が進んでいる水上型ソーラー発電システム。これらは英語で「floating solar systems (稀にfloatovoltaics) 」とも呼ばれ、地上や屋根上への設置スペースが限られている状況を打開するための最適な解決方法になると言われている。しかしこの「ニッチ」はどれほどの大きさなのだろうか?どこに、そしてどの程度の規模の水上ソーラー発電所が設置されているのか?
これらの疑問に答えるためソーラープラザは疑問を掘り下げ調査を行った。この記事では調査の過程で判明した興味深い事実を、調査結果を元に作成した「水上ソーラー発電所規模ランキングTop70」の表と共に発表する。

Comment

タカラアセットマネジメント株式会社 高橋衛氏へのインタビュー

Comment

タカラアセットマネジメント株式会社 高橋衛氏へのインタビュー

タカラレーベンはインフラファンドとして太陽光エネルギーアセットでは初めて上場した企業となります。なぜ上場を目指したのか、また、タカラレーベンがこ の方法で太陽光プロジェクトに投資することによって、どのような利益がもたらされるかをご説明いただけますでしょうか。

Comment