講演では日英同時通訳システムをご利用いただけます


08:45 ウェルカムスピーチ

MASATOSHI AKIMOTO /// 自由民主党 衆議院議員
2012年12月に初当選、現在2期。エネルギー問題に精通し、自民党政務調査会資源・エネルギー戦略調査会再生可能エネルギー普及拡大委員会事務局長を4年にわたり務め、自民党エネルギー政策議員連盟事務局長、自民党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟事務局長代行も兼務。
雑誌「創 省 蓄エネルギー時報」において、「秋本議員の再エネ永田町報告」を月1回連載。
他に、国土交通委員会委員、決算行政監視委員会委員、自由民主党行政改革推進本部本部長補佐、自民党青年局次長、自民党国際局次長、自民党国土交通部会副部会長など。
MASATOSHI AKIMOTO
自由民主党 衆議院議員
セッション 5 - 新しく決まった入札制度
09:10 今までの国内のEPCとプロジェクト開発について振り返る
  • • 日本市場と海外市場におけるEPCとプロジェクト開発の特徴を比較する
  • • 日本の複雑な微気候や現場がもたらすプロジェクトの実現可能性の評価への影響について
  • • 日本と海外のアプローチ方法の違いについて
  • • 建設コストを削減し、開発の質を向上させる方法について
  • • 海外の事例や教訓をO&Mやアセットマネジメントに適用することへの影響
STEFANO CRUCCU /// SR. PROJECT MANAGER - SOLARPLAZA
Stefano Cruccu is Project Manager at Solarplaza and currently responsible for the company's line of Solar Asset Management events taking place in Europe, USA and Japan. Stefano joined Solarplaza in 2011, taking a lead role in the acquisitions team and managing global accounts. Over the course of 2012 he has assumed more project-focused roles and has become deeply involved in the concept development and organization of new events. Stefano has built up specific expertise in the fields of Solar Asset Management, Operations & Maintenance and Solar Crowd Funding. Alongside his work for Solarplaza, he has been involved in crowd funding initiatives in the northern provinces of The Netherlands. Stefano received his education at the Delft University of Technology and holds a Masters degree in Industrial Design Engineering (Strategic Product Design).
司会者
STEFANO CRUCCU
SR. PROJECT MANAGER /// SOLARPLAZA
PHIL NAPIER-MOORE /// SOLAR PROGRAMME DIRECTOR ASIA PACIFIC - MOTT MACDONALD
Phil Napier-Moore leads Mott MacDonald’s technical advisory work for solar power in the Asia Pacific region. Supporting PV plant investors and lenders from the sector’s infancy in 2008, he has overseen the regional solar team’s technical inputs to more than 5000 MW of PV projects in Asia, including more than 200 plants now in operation.
He has directed and managed projects for a range of multilateral agencies, national governments and a large number of private companies, working internationally on low-carbon power projects in 30 countries around the world, in particular within Asia and Europe.
A Chartered Energy Engineer, he obtained his Masters of Engineering from Oxford University.
PHIL NAPIER-MOORE
SOLAR PROGRAMME DIRECTOR ASIA PACIFIC /// MOTT MACDONALD
RAFAEL PERIS /// HEAD OF ENGINEERING - SONNEDIX
Mr. Peris is Head of Engineering at Sonnedix Japan K.K., in charge of all project technical matters for the company in Japan. Sonnedix is a global solar power producer with 500 MW of operating generating capacities. Sonnedix is substantially owned by investors advised by J.P. Morgan Asset Management. The group is present in Japan through its trusted operator Sonnedix Japan K.K. (formerly known as Nippon Solar Services), managing multiple solar power plants at various stages of development or in operation in the country.
Mr. Peris has over 11 years of experience in the solar photovoltaic industry, in different roles from project development, site and project management to engineering and construction leadership in different countries such as Spain, Italy, France, Germany, Puerto Rico, Mexico and Japan.
Over the past 5 years with Sonnedix, he managed locally the EPC team in several projects in Puerto Rico before being relocated to Japan to establish and manage locally the engineering department for Sonnedix Japan K.K.
Mr. Peris worked in various management and leadership positions in the solar sector such as for Phoenix Solar, AES Corporation and GP Joule. He started his career as an industrial engineer in the automotive sector as part of the EPC team for providing assembly production lines for German and US car makers in Europe, shifting to the solar sector in 2006. Mr. Peris holds a Bachelor of Engineering in Electrical and Electronics from the University Polytechnic of Valencia, Spain with his thesis about solar air collectors from the Hochshule Mitteweida, Germany.
RAFAEL PERIS
HEAD OF ENGINEERING - SONNEDIX
ダビッド・バジェホ /// ソラリグ・ジャパン代表 - SOLARIG
ダビッド・バジェホ氏は太陽光発電市場において世界的規模で10年の経験を有し、2012年よりSolarig Japan(ソラリグ・ジャパン)の代表に就任。ソラリグ・ジャパンの日本における現在の実績は開発中が40MW、建設済みが2,3MW、建設中が13,5MW、確保済みの案件が20MW。また、運用・保守点検(O&M)分野の実績は、稼働済みのものが159MW、すでに確保している案件は65MWと、国際基準のPRや補償内容サービスを提供するO&Mサービスプロバイダーとして日本市場をリードしている。 以前はSolarig Italia(ソラリグ・イタリア)のカントリーマネージャーとして、70MW規模の発電所のデザインや開発・建設及び運用に従事する一方、全ての部署を取りまとめていた経歴を持つ。2009年よりSolarig 運営委員会(ボードメンバー)の一員として、全ての事業開発及び事業戦略の決定に携わる。近年は、ASEAN(東南アジア連合諸国)地域の発電事業にも精力的に係わっている。さらに太陽光発電事業への投資やソフトウェアの立ち上げの顧問を務めるなど、起業家精神にも富んでいる。2015年、IE ビジネススクール(Instituto de Empresa)にて上位10%に入る成績を収め、修士号(Executive MBA)を取得。趣味は旅行とランニング。
ダビッド・バジェホ
ソラリグ・ジャパン代表 /// SOLARIG

10:00 AMネットワーキングブレーク
スポンサー: First Solar

セッション 6A | 太陽光発電のグリッドインテグレーション

10:45 国内のグリッド接続に関する課題
  • • 各電力会社の地域内系統の混雑状況について
  • • グリッド接続の入札スキームに関する洞察
  • • 出力抑制に係る政府のガイドライン
  • • 電力小売全面自由化が市場へ及ぼす影響について
  • • 送配電分離ついて:将来を見据えた選択
山谷 東樹(やまや はるき) /// 太陽光発電事業支援部 主任研究員 - 株式会社資源総合システム
太陽光発電事業のコンサルティング企業として30年以上の歴史をもつ(株)資源総合システムにおいて主任研究員を務める。太陽光発電市場及び産業のアナリストとして、経済産業省やその他政府機関向けの調査や国内外の太陽光発電関連企業向けのコンサルティングを担当している。太陽光発電の発電事業者を対象にした月刊レポート「PV 発電事業最前線」の編集責任者を努め、固定価格買取制度における太陽光発電の設備認定および導入状況、各地域の系統制約、電力会社および新電力の動向を分析している。
山谷 東樹(やまや はるき)
太陽光発電事業支援部 主任研究員 /// 株式会社資源総合システム
11:30 電力系統の適切な整備
  • • 電力広域的運営推進機関の役割と取り組み
進士 誉夫 /// 企画部長 - 電力広域的運営推進機関(OCCTO)
進士 誉夫(しんじ たかお)氏は、1987年東京ガス(株)入社,コージェネレーションをはじめとする分散型電源の電気・制御技術開発,エンジニアリングに従事。系統連系技術要件ガイドラインの策定の参画。2006年~2008年:電力系統利用協議会(ESCJ)業務グループ長。
2008年~2017年:スマートエネルギーネットワークの研究・推進に従事。
2017年4月からは電力広域的運営推進機関(OCCTO)企画部長を務める。
早稲田大学先進グリッド研究所の招聘研究員。博士(工学)、技術士(電気電子部門)。IEEE,電気設備学会、電気学会会員。
進士 誉夫
企画部長 /// 電力広域的運営推進機関(OCCTO)
12:00 海外の系統接続問題に関する事例とその解決法について
  • • 再生可能エネルギーの導入を広めるために海外で実際に適用された解決法
  • • 系統混雑への課題:海外のケーススタディ
  • • 蓄電池やスマートグリッド、それに付属するサービスはどのように日本のグリッド接続問題の解決に役立つか
OLIVIER RENON /// EXECUTIVE VP - SONNEDIX
Mr. Renon is Executive Vice President at Sonnedix, in charge of overseeing investments in Asia. Sonnedix is a global solar power producer with 500 MW of operating generating capacities. Sonnedix is substantially owned by investors advised by J.P. Morgan Asset Management. The group is present in Japan through its trusted operator Sonnedix Japan K.K. (formerly known as Nippon Solar Services), managing multiple solar power plants at various stages of development or in operation in the country.
Mr. Renon has over 15 years of experience in the power industry, in roles including business development, project finance, execution and team leadership. Over the past 5 years with Sonnedix, he drove business development initiatives in Chile and South Africa, successfully establishing and leading the group branch in Cape Town, resulting in the commissioning of close to 100 MW of operating capacity. Prior to Sonnedix, Mr. Renon worked in various business development and directorship positions for AES Corporation. He started his career as a nuclear engineer with the French utility EDF. Mr. Renon holds an engineering Master Degree from the Ecole Centrale and a Master of Business Administration from the Sorbonne University in France.
OLIVIER RENON
EXECUTIVE VP /// SONNEDIX

セッション 6B | M&Aとセカンダリーマーケット

10:45 日本の太陽光プロジェクト取引
  • • 取引の種類と構造を見分ける
  • • 開発段階と運用段階のプロジェクトの取引の主な違い
  • • 取引関係を構築する際にありがちなミステイクとは
  • • 様々なタイプの買い手とリンクする異なる利害と要件
DAVID LITT /// PROFESSOR - KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL
David Litt is a Professor at Keio University Law School, where he teaches international business, comparative law and public policy-related subjects. His research interests focus on corporate law, corporate governance, and energy law and policy. David serves as co-chair of the Energy Committee of the American Chamber of Commerce in Japan, and acts as an adviser to or director of several privately held Japanese companies. From 2012 to early 2015, he co-founded and co-managed a business that developed projects under Japan’s feed-in-tariff (FIT) for renewable energy. He previously served as a partner of the law firms of O’Melveny & Myers LLP and Morrison & Foerster LLP. David was co-head of MoFo’s investment fund formation practice, and was recognized by various industry publications as a leading lawyer in the corporate/M&A and investment fund areas. David served as a law clerk to Justice Anthony M. Kennedy of the U.S. Supreme Court and Chief Judge Alfred T. Goodwin, of the U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit. He is a graduate of Yale University and the University of Chicago Law School.
司会者
DAVID LITT
PROFESSOR /// KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL
ユージーン・ルーシン /// 取引アドバイザリーグループ パートナー - KPMG税理士法人
経歴文は後ほど更新予定です
ユージーン・ルーシン
取引アドバイザリーグループ パートナー /// KPMG税理士法人
11:15 太陽発電所の取引に係るデューデリジェンス
  • • 太陽光発電プロジェクトへの融資を可能にするものとは
  • • 技術的、法的、財務的なデューデリジェンスの主な要素
  • • 資産の本当の価値を評価する際の課題と落とし穴
  • • アセットパフォーマンスのモデリングとキャッシュフローのモデリングを行った際に学んだこと
DAVID LITT /// PROFESSOR - KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL
David Litt is a Professor at Keio University Law School, where he teaches international business, comparative law and public policy-related subjects. His research interests focus on corporate law, corporate governance, and energy law and policy. David serves as co-chair of the Energy Committee of the American Chamber of Commerce in Japan, and acts as an adviser to or director of several privately held Japanese companies. From 2012 to early 2015, he co-founded and co-managed a business that developed projects under Japan’s feed-in-tariff (FIT) for renewable energy. He previously served as a partner of the law firms of O’Melveny & Myers LLP and Morrison & Foerster LLP. David was co-head of MoFo’s investment fund formation practice, and was recognized by various industry publications as a leading lawyer in the corporate/M&A and investment fund areas. David served as a law clerk to Justice Anthony M. Kennedy of the U.S. Supreme Court and Chief Judge Alfred T. Goodwin, of the U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit. He is a graduate of Yale University and the University of Chicago Law School.
司会者
DAVID LITT
PROFESSOR /// KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL
LUKE JOHNSON /// PARTNER TECHNICAL ENGINEERING - REM JAPAN
Luke is a Solar Engineer with over 15 years' experience in the solar industry in six countries. He has lived and worked in Japanese Solar industry continuously since 2008.
He started as a research engineer for the diffusion process in solar cell manufacturing at Q-cells AG in Germany and process quality control in solar module manufacturing at Suntech. He then worked on silicon solar cell degradation research at the Australian National University in Canberra.
Luke is currently the co-founder and CEO of Sunpulse K.K. in Tokyo that has completed over 2,000 MW of design and due-diligence on solar plants in Japan. He has published 10 research publications on solar irradiance datasets, solar module reliability and design, outdoor and accelerated testing and snow and yield calculation methodologies in Japan. His current research preoccupations include long-term outdoor exposure of solar modules and solar module degradation, solar project yield estimation and global solar and financial market interaction.
LUKE JOHNSON
PARTNER TECHNICAL ENGINEERING /// REM JAPAN
マーティン・スタイン /// シニアマネージャー - 新生銀行
マーティン・スタイン(Martin Stein)は2003年にダラム大学(学士過程)、2004年にケンブリッジ大学(修士課程)を卒業。2007年から新生銀行に勤める。新生銀行に勤める前はロンドンのING銀行でM&AとLBO(レバレッジド・バイアウト)の業務に従事。ING銀行、新生銀行時代は共に、プライベート・エクイティ・スポンサーのためのレバレッジ・バイアウト取引の業務を主に行う。2012年から2014年の間は東京スター銀行に勤務。現在は新生銀行で国内プロジェクトファイナンス(主に太陽光発電)、国際プロジェクトファイナンス、LBO、M&Aに従事している。
マーティン・スタイン
シニアマネージャー - 新生銀行
YUKO INUI /// SENIOR ASSOCIATE - ORRICK
東京オフィスのシニア・アソシエイトとして、エネルギー・アンド・インフラストラクチャー・グループに所属。再生可能エネルギープロジェクトの開発、買収およびファイナンス業務および不動産関連の業務のほか、環境保全関連、フィンテック関連の業務なども取り扱う。
また、乾弁護士は2006年度より日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会特別委嘱委員を務めている。
オリックに入所する以前、2006年まで渥美総合法律事務所・外国法共同事業のアソシエイトを務めた。さらにその以前には、財団法人日本野鳥の会、国際的な環境NGOであるバードライフ・インターナショナルのマレーシア事務所などでの勤務経験をもつ。2001年から2年間は、国際協力銀行(JBIC)において、円借款案件の環境・社会配慮ガイドライン遵守に係る審査業務に従事した。
YUKO INUI
SENIOR ASSOCIATE - ORRICK
12:05 日本におけるリファイナンスの戦略
  • • 負債資本比率の変更オプションについて
  • • 海外と日本に共通するアプローチアプローチ法
  • • 銀行のリファイナンスに対する代替案
DAVID LITT /// PROFESSOR - KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL
David Litt is a Professor at Keio University Law School, where he teaches international business, comparative law and public policy-related subjects. His research interests focus on corporate law, corporate governance, and energy law and policy. David serves as co-chair of the Energy Committee of the American Chamber of Commerce in Japan, and acts as an adviser to or director of several privately held Japanese companies. From 2012 to early 2015, he co-founded and co-managed a business that developed projects under Japan’s feed-in-tariff (FIT) for renewable energy. He previously served as a partner of the law firms of O’Melveny & Myers LLP and Morrison & Foerster LLP. David was co-head of MoFo’s investment fund formation practice, and was recognized by various industry publications as a leading lawyer in the corporate/M&A and investment fund areas. David served as a law clerk to Justice Anthony M. Kennedy of the U.S. Supreme Court and Chief Judge Alfred T. Goodwin, of the U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit. He is a graduate of Yale University and the University of Chicago Law School.
司会者
DAVID LITT
PROFESSOR /// KEIO UNIVERSITY LAW SCHOOL
TORU INOUE /// HEAD STRUCTURED FINANCE - GOLDMAN SACHS
Toru Inoue is head of Infrastructure and Structured Finance within the Investment Banking Division of Goldman Sachs Japan, where he is responsible for both securitization and infrastructure financing. He arranged Japan’s first revenue bond (Ibaraki Prefecture Econ Frontier Revenue Trust) in 2011 and the first rated bond financing for mega solar power plants (JRE Mega Solar Project Bond Trust) in 2013. Toru joined Goldman Sachs in 2006 from Nikko Salmon Smith Barney, where he was the head of securitization. Prior to Nikko Salomon, he has held roles in real estate securitization, consulting and planning at Citibank, Arthur Andersen and Nomura Real Estate. Toru earned a Bachelor of Law from Keio University in 1989.
TORU INOUE
HEAD STRUCTURED FINANCE - GOLDMAN SACHS
マーティン・スタイン /// シニアマネージャー - 新生銀行
マーティン・スタイン(Martin Stein)は2003年にダラム大学(学士過程)、2004年にケンブリッジ大学(修士課程)を卒業。2007年から新生銀行に勤める。新生銀行に勤める前はロンドンのING銀行でM&AとLBO(レバレッジド・バイアウト)の業務に従事。ING銀行、新生銀行時代は共に、プライベート・エクイティ・スポンサーのためのレバレッジ・バイアウト取引の業務を主に行う。2012年から2014年の間は東京スター銀行に勤務。現在は新生銀行で国内プロジェクトファイナンス(主に太陽光発電)、国際プロジェクトファイナンス、LBO、M&Aに従事している。
マーティン・スタイン
シニアマネージャー - 新生銀行
12:45 ランチブレーク

セッション 7A | 蓄電池

13:45 蓄電池市場の現在の状況と機会について
  • • 日本のエネルギーミックスにおける太陽光発電のシェアを蓄電池によってどのように拡大することができるか
  • • 蓄電池の開発を効果的に促進するために、FIT改正法はどのように役立つか
  • • 新技術:フライホイール蓄電システム、燃料電池について
  • • プロジェクトへの蓄電池実装の財務的影響
I-CHUN HSIAO /// ANALYST - BNEF
I-Chun Hsiao is an analyst in the Tokyo office of Bloomberg New Energy Finance (BNEF). A member of the Energy Storage team his research looks at how batteries could enable greater integration of renewable generation, provide ancillary services such as frequency regulation, and behind-the-meter power bill management.
I-Chun worked at the World Bank, the UNFCCC, and the UN Foundation before joining BNEF. There his research ranged from leveraging private investments to meet the financing needs of the Sustainable Energy for All initiative, to approaches for operationalizing the principle of equity in the COP21 climate agreement, and strategies to promote a major scaling up of energy efficiency activities worldwide.
I-Chun holds a MPP from Harvard University and a MS in Mechanical Engineering from Stanford University.
I-CHUN HSIAO
ANALYST /// BNEF
14:25 大規模蓄電池プロジェクトの運用
  • • 建設中・稼働中の蓄電池併用型PV発電所の概要
  • • 蓄電池併用型発電所を設計・導入の際の課題
  • • 蓄電池併用型発電所へのO&M適用について
  • • 今後のビジョンについて
NARUTO YOSHIMARU /// SENIOR PRINCIPAL - ACCENTURE
A short description will follow soon...
NARUTO YOSHIMARU
SENIOR PRINCIPAL - ACCENTURE
GO SEKIGUCHI /// FOUNDER - RENEWABLE POWER DEVELOPMENT
A short description will follow soon...
GO SEKIGUCHI
FOUNDER - RENEWABLE POWER DEVELOPMENT

セッション 7B | 太陽光ファンドと 資産の保険

13:45 太陽光発電&インフラファンドについて
  • • 上場インフラファンド市場の特徴
  • • 上場投資法人の運用ついて:経験や課題
  • • 今後の予定:アプローチ方法とビジョン
デイビッド・ルイス /// 取引アドバイザリーグループ パートナー - KPMG税理士法人
経歴文は後ほど更新予定です
司会者
デイビッド・ルイス
取引アドバイザリーグループ パートナー /// KPMG税理士法人
日色 隆善 /// 上席執行役 グリーンインフラ本部管掌 - いちご投資顧問株式会社
野村證券にて、機関投資家営業業務に従事した後、メリルリンチ証券株式本部ディレクター、モルガン・スタンレー証券エグゼクティブディレクターなどを経て、2013年、現いちご投資顧問株式会社に入社し、上席執行役営業本部副本部長兼営業部部長に就任。同年9月に、いちごECOエナジー㈱常務取締役営業本部長に就任し、クリーンエネルギー事業の営業本部を統括。2016年3月より現いちご投資顧問上席執行役に就任。同年6月よりグリーンインフラ本部長に就任。投資法人運用の責任者を務め、同年12月にいちごグリーンインフラ投資法人を上場に導く。現在、いちごグリーンインフラ投資法人では、13発電所、約26MWを運用している。
日色 隆善
上席執行役 グリーンインフラ本部管掌 /// いちご投資顧問株式会社
髙橋 衛 /// 取締役投資運用部長 - タカラアセットマネジメント株式会社
1996年より不動産鑑定業務に従事。社団法人日本不動産鑑定協会法務鑑定委員会委員等歴任。
2002年 株式会社新生銀行入社。不動産受益権に対して匿名組合出資等を通じて行う投資業務に従事。
2014年 株式会社タカラレーベン入社。東京証券取引所で開設予定であったインフラファンド市場へ再生可能エネルギー発電設備等を上場させるべく、タカラアセットマネジメント株式会社へ出向。
2016年6月2日、同市場へ第1号ファンドとして、タカラレーベン・インフラ投資法人が上場予定。 不動産鑑定士、宅地建物取引士
髙橋 衛
取締役投資運用部長 /// タカラアセットマネジメント株式会社
14:25 太陽光発電のパフォーマンスと損失をリスクや評価に結びつける
  • • 運用、発電リスクとその緩和方法について
  • • 確率論的アプローチによる利回り予測
  • • 投資適格クレジットによる基本的なプロジェクト保証のまとめ
  • • 長期的な利回り保証の機会
  • • 格付機関を通じてプロジェクトの信用度を高める
デイビッド・ルイス /// 取引アドバイザリーグループ パートナー - KPMG税理士法人
経歴文は後ほど更新予定です
司会者
デイビッド・ルイス
取引アドバイザリーグループ パートナー /// KPMG税理士法人
JAN NAPIORKOWSKI /// VP RENEWABLE ENERGY - ARIEL RE
After switching the automotive industry for reinsurance, Jan developed the insurance market for solar performance warranties since 2009 and was heading Munich Re’s Asian Renewable Energy business out of Hong Kong for 6 years. Early 2016 Jan joined Ariel Re, a Lloyd’s of London Syndicate now merged with Argo Group (NYSE: AGII) and launched a new series of products in the space of power outage solutions for utility or C&I portfolios of renewable projects.
Jan is a trained theoretical physicist and holds a MBA in Insurance and Risk Management.
JAN NAPIORKOWSKI
VP RENEWABLE ENERGY /// ARIEL RE
本多 史裕 /// シニアアナリスト - 株式会社日本格付研究所
日本格付研究所(JCR) プロジェクト& アセットファイナンス室 室長 JCRにおいて、プロジェクトファイナンス、アセットファイナンスの格付を行 うプロジェクト& アセットファイナンス室の立ち上げに参加。環境省の平成26 年度「グリーン投資促進のための情報開示及び評価の在り方に関する検討会」 の委員。 三井銀行(現、三井住友銀行)に入行後、JCRに勤務し、日本の金融機関の格付け 、並びに、国内のプロジェクトファイナンス、アセットファイナンスの格付け を担当してきた。JCRにおける15年の経験の中で、羽田空港国際ターミナルビ ルPFI、船舶金融、航空機担保ローンの評価を担当。 千葉大学大学院卒(経済学修士)、日本証券アナリスト協会検定会員
本多 史裕
シニアアナリスト /// 株式会社日本格付研究所
SEBASTIAN PETRETSCHEK /// VICE GENERAL MANAGER - TÜV RHEINLAND
Sebastian Petretschek holds a degree in Technology Management from the University of Stuttgart, Germany and has spent parts of his studies at Tsinghua University in Beijing.
Sebastian has been active in solar photovoltaic business since 2009. For utility-scale PV projects in Europe, Middle East, South America, South Africa, India, Japan and China he has acted as Independent Engineer for investors, lenders and insurance companies. He has conducted numerous technical due diligence reviews - including yield as well as EPC and O&M contract assessments - and has performed construction and operation monitoring services. Further, Sebastian is a specialist for quality assurance along the value chain of PV components, particularly PV modules.
Sebastian is heading TÜV Rheinland’s PV Power Plant Independent Engineering business in Asia and is the Director of the Global Technical Competence Center for Independent Engineering Services.
SEBASTIAN PETRETSCHEK
VICE GENERAL MANAGER /// TÜV RHEINLAND
15:10 PMネットワーキングブレーク
スポンサー: VX Solar
セッション 8 - 日本の太陽光エネルギーの未来
15:45 低FIT価格におけるソーラービジネスモデル:これで終わりかそれとも新たなフェーズへ踏み出すか
  • • FITの時代を超えて:日本のPVは経済的に有利なエネルギーになるか
  • • 運用をはじめとしたコストを削減するための効果的な戦略とは
  • • 現在の市場動向は3年後の太陽光市場をどのように変化させるか
  • • 新たな市場の課題に効率的に対処する方法とは
STEFANO CRUCCU /// SR. PROJECT MANAGER - SOLARPLAZA
Stefano Cruccu is Project Manager at Solarplaza and currently responsible for the company's line of Solar Asset Management events taking place in Europe, USA and Japan. Stefano joined Solarplaza in 2011, taking a lead role in the acquisitions team and managing global accounts. Over the course of 2012 he has assumed more project-focused roles and has become deeply involved in the concept development and organization of new events. Stefano has built up specific expertise in the fields of Solar Asset Management, Operations & Maintenance and Solar Crowd Funding. Alongside his work for Solarplaza, he has been involved in crowd funding initiatives in the northern provinces of The Netherlands. Stefano received his education at the Delft University of Technology and holds a Masters degree in Industrial Design Engineering (Strategic Product Design).
司会者
STEFANO CRUCCU
SR. PROJECT MANAGER /// SOLARPLAZA
酒井 正行 /// 代表取締役・創設者 - CO2O
酒井氏は早稲田大学卒業後、グロービス経営大学院でMBAを取得。
映像関連のベンチャー企業で活躍し25歳で取締役就任。その後、三菱商事の大手光ディスク製造子会社で、ハリウッドメーカーや大手レコード会社向けの新規事業を立上げ、株式会社バリュープラスを創業。数々の新規事業を担当する中、アジアの開発途上国、新興国でエネルギー、環境分野の切迫した状況を目の当たりにし、グリーンビジネスで世界を変える事業を創出しようと決意し、2014年にCO2Oを設立し、代表取締役として就任。
酒井 正行
代表取締役・創設者 /// CO2O
佐藤 厚範 /// 環境エネルギー本部 事業開発部 部長 - オリックス株式会社
慶應義塾大学経済学部卒業。1995年にオリックス株式会社に入社し、主に不動産やストラクチャードファイナンスの分野を担当。現在は エネルギー・環境ビジネス開発部門の部長を務める。
佐藤 厚範
環境エネルギー本部 事業開発部 部長 /// オリックス株式会社
木南 陽介 /// 代表取締役社長 - 株式会社レノバ
京都大学総合人間学部人間科学科卒業。学生時代の主専攻は環境政策論、副専攻は物質環境論。
在学中に有限会社メディアマックスジャパンを設立し、代表取締役に就任。その後1998年にマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社。2000年には株式会社レノバ(旧社名:リサイクルワン)を創業し、代表取締役社長に就任。同年に環境コンサルティング事業を開始し、2006年にはプラスチックリサイクル事業に進出。2012年からは再生可能エネルギー事業に進出している。
木南 陽介
代表取締役社長 /// 株式会社レノバ
TAKURO SASAO /// SENIOR VICE PRESIDENT - GE ENERGY FINANCIAL SERVICES
Takuro Sasao is a Senior Vice President at GE Energy Financial Services (GE EFS), a global energy investment business in GE Capital, responsible for Japanese market. GE EFS has invested in close to 500MW of solar projects in Japan to date and looking to invest more.
Before joining GE EFS in 2015, he has worked in Capital Markets team at GE Capital Japan since 2005. Before that, he worked for Chuo Mitsui Trust and Banking (currently Sumitomo Mitsui Trust Bank).
Mr. Sasao holds LL.M (International Tax) at New York University School of Law and LL.B at Keio University.
TAKURO SASAO
SENIOR VICE PRESIDENT - GE ENERGY FINANCIAL SERVICES
16:30 閉会のあいさつ&ネットワーキングドリンク
スポンサー: REM

17:15 カンファレンス終了

17:15-19:45 ファーストソーラージャパン オペレーションセンター視察ツアー