オペレーションセンターツアー
2017年6月9日
ファーストソーラージャパンオペレーションセンター視察ツアー

ファーストソーラージャパンは第三者プロジェクトを含む包括的なソリューションをお客様にご提供するため、2017年のはじめに東京に専用オペレーション・センターを設立しました。

ファーストソーラージャパンオペレーションセンターは1日も休むことなく、発電所をリモート監視しています。特別な訓練を受けたファーストソーラーの運用スタッフが各発電所の継続的な運用を監督し、パフォーマンスを追跡し、問題の検出と診断を行い、現場での介入が必要な場合にはオーナーまたはメンテナンスクルーに通知します。さらにグリッドオペレーターやレギュレーターと直接連携し、コンプライアンスの遵守と発電所の最適なパフォーマンスを保証します。

ご協力・ご協賛企業:

 

ファースト・ソーラーは、責任を持って太陽光発電所を効果的に運営し維持することが重要であると考えています。

日本では運営維持管理(O& M)サービスを提供しており、適切なO&M戦略を実行することで、発電所の所有者は資産のパフォーマンスを最適化し、長期的な収益を確保することができます。

ファーストソーラージャパンは現在、日本国内で100MWを超える資産を管理しており、2020年までには1GWに達成させることが目標です。ファーストソーラージャパンオペレーションセンターは、発電所の収益性を最適化する最先端の技術や経験豊富なスタッフのおかげで稼働率5.4GW以上、契約容量7.2GW以上と、世界でもトップの実績を誇り、お客様の太陽光発電所の発電量を最大限に高めることを可能にします。


17:00 送迎バスがカンファレンス会場に到着

出発場所:
東京コンファレンスセンター・有明
〒135-0063 東京都江東区有明3- 7 -18
有明セントラルタワー 3F・4F

17:15 カンファレンス会場から視察現場へ移動

視察現場:
First Solar Japan合同会社
〒100-6031
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング31階

17:40 視察場所に到着後、参加者情報の確認

17:50 ウェルカムドリンク&ミニネットワーキングタイム


18:20 オペレーションセンターツアー&Q&Aタイム(グループ1)

18:40 オペレーションセンターツアー&Q&Aタイム(グループ2)


19:00 ネットワーキングタイム

19:45 送迎バス到着、視察現場から有明の会場へ戻る

 
オペレーションセンターツアー
2017年6月9日