マーティン・メズマー氏はGSSGソーラー日本国内ポートフォリオにおける各プロジェクトの責任者。

発電所が最高の品質で利用可能な性能基準で設計・建設されているかを確認し、長期的な投資パフォーマンスのためという視点を常に持ちながら各設計のレイアウト、構造、電力スキームを最適化し、各EPC・サプライヤーパートナーの選択を評価している。

標準的な設計ツール、最適化されたソフトウェアに加え、彼自身が太陽光発電業界で20年間構築してきたネットワークと経験を頼りに業務をこなす。彼のPV業界のキャリアスタートは三洋電機株式会社(日本・枚方市)で製造されていた、世界初のHITモジュールの分析からはじまった。その後 Intel Capital(インテル・キャピタルコーポレーション)で太陽光発電関連投資の技術顧問、シーメンスで米国PVエンジニアリングチームの構築、イーオーエヌでPV技術部門の開発などを手がけてきた。GSSGソーラーに入社する前は、日本の大手IPP企業にて240MWを超える国内発電所の技術設計・交渉・導入の監督を務めていた。

ドイツのFachHochschule Regensburg(レーゲンスブルク専門大学)で電気工学の学位取得。ドイツ語、日本語が流暢で、英語はネイティブ。その他いくつかの国の言語も会話レベルで可能。


1. Until now the solar industry has developed from 600V to 1.000V. Today solar companies are starting to develop 1500V plants. Why is this a trend and how small or big is already this as we speak?

Two years ago, nobody (except First Solar, maybe) was planning 1500V systems in Japan. This year we will see several GW of 1500V PV power plants installed worldwide, so this justifies we call this a trend.

In 2011 I organized a 1500V study group in the US - with manufacturers representatives from every component found in PV systems. The group confirmed my cost savings assumptions. Then, 3-4 years ago the first 1500V product plans appeared in the slides of some suppliers.

With costs of 1500V systems promising to be 3-5% lower in CAPEX, as well as significantly lower in OPEX, I think we will see increased adoption of 1500V systems, going forward.

1. これまでソーラー産業は600Vから1,000Vに発展してきました。最近ではソーラー関連企業は1500Vの発電所を開発しています。どうしてこの様なトレンドがあるのでしょうか?また、これは今現在どの程度進んでいるのでしょうか?

2年前は、おそらくFirst Solar以外に日本で1500Vのシステムを計画していたところはありませんでした。今年は世界中で数GWにのぼる1500Vの発電所が建設されるようですから、これはもうトレンドと言っていいでしょうね。

2011年に私はアメリカで1500Vを研究するグループを作り、太陽光システムの部品を作る,ありとあらゆるメーカーから代表者が参加しました。そのグループで調査した結果、私の経費削減のアイデアが正しいと確認されました。その後、最初の1500V用の製品がメーカーのプレゼンに登場するようになりました。

1500VのシステムのコストはCAPEX(設備投資)で3〜5%、OPEX(運用コスト)に至っては大幅に削減することができますから、これから1500Vシステムの建設は増えて行くと思います。


2.    You’ve been actively promoting 1500V systems in Japan – did you sense resistance to a change in voltage on the DC side?

I started presenting arguments for moving to 1500V systems to investors, management and EPCs, as well as component manufacturers. Within a year I had convinced inverter manufacturers and combiner box manufacturers to certify 1500V product lines for the Japan market. One company even built their whole market entry strategy on 1500V, after I advised them to do so.
 I use my JPV round table - that’s a group I organized – to educate bankers and investors about the perceived risks and how to deal with them.  I created a 1500V user group with an EPC, a module manufacturer, an inverter manufacturer and a combiner box manufacturer, with the target of creating the first 1500V project in Japan.

There was certainly resistance to change, but being the Head of Engineering at a successful developer, it was relatively easy to pull the suppliers along. Some of the projects under development today are by people and companies I influenced.

2.    日本でも積極的に1500Vシステムを推進していらっしゃいますが、DC側の電圧を変えることに抵抗は感じられましたか?

私は部品メーカーだけではなく、投資家、経営陣、EPCにも1500Vシステムに移行するための説得を始めました。1年と経たず、まずはインバーターメーカーや接続箱メーカーに、日本市場向けに1500Vの製品に認可を取るよう説得できました。1社は私のアドバイスを聞いて市場参入のストラテジーを1500Vで立てたくらいです。

また、JPVというグループも作り、銀行や投資家に知覚リスクとそれをどう取り扱うかなどをレクチャーしています。EPC、モジュールメーカー、インバーターメーカー、接続箱メーカーと共に1500Vのユーザーグループも立ち上げ、日本で最初の1500Vのプロジェクトを作ることを目標としています。

もちろん変化に対する抵抗はありましたが、成功しているディベロッパーの技術部門長の立場にいると、サプライヤーを引き込むのは比較的簡単でした。現在進行中のプロジェクトのいくつかは、私の影響を受けた人や会社が開発しているものです。


3.   What are the upsides and what are the downsides of having 1500Vdc solar plants, in your opinion?

Well, the main reason to go to 1500V is to reduce cost. Just like going from 600V to 1000V was driven by savings. This is accomplished by reducing CAPEX through reduced labor- , cable- and inverter cost, as well as OPEX, since there are fewer components on the site.

The downside is that some EPCs are waiting for others to implement it first. There may be some installer-training required to overcome initial fears of the new technology.

3.    1500Vシステムの長所と短所はどこだと思いますか?

まず、1500Vで行こうと思った理由はコスト削減です。600Vから1000Vへの移行もコスト削減がモチベーションでした。人件費、そして現場に設置する部品を減らせますからケーブルやインバーター(PCS)等のCAPEXだけではなく、OPEXも下げます。

短所は、他社がまず最初のプロジェクトに取り掛かるのを待っているEPCがあるということです。新しいテクノロジーを取り扱う事に対する恐れを乗り越えるために、トレーニングが必要かもしれません。


4.    You are currently, developing solar plants in the Japanese solar market. Is 1.500V taking off in Japan as it is in, for example, the US? (and why?)

I think that those who don’t move to 1500V will eventually be at a financial disadvantage in comparison to their competition and therefore the move to 1500V will be swift. Maybe even faster than the move from 600 to 1000V, here in Japan. Mind you, I am referring to the utility scale solar market, here.
Generally speaking I have seen more resistance in Japan to the adoption of 1500V systems, than I did in the US. Even the Japanese component manufacturers are behind -for example their US- or Chinese counterparts- in this case.

4.    今現在日本市場で太陽光発電所を開発していらっしゃいますが、1500Vは例えばアメリカと同じように日本でも増えて来ているのでしょうか?(またその理由は?)

1500Vに移行しなければ、結局は競合他社と比べて財政的に不利ですから、1500Vへの移行は早いと思います。もしかしたら日本では600Vから1000Vへ移行したよりも早いかもしれません。念のために言っておきますが、今話しているのはメガソーラーについてです。

一般的に言って、1500Vに対しての抵抗は、アメリカ見たよりも日本の方が大きいです。部品メーカーの対応も、アメリカや中国のそれと比べると、日本の方が遅れています。


5.    How does 1.500V impact operations and maintenance of solar plants, compared to 600V or 1.000V?

Because the component count is reduced – fewer combiner boxes, fewer inverters, fewer cable runs, hall sensors, connectors, medium voltage transformers, etc, you will see OPEX benefit from the higher voltage. Safety gear and tools will not go up in price because of this. And whether you operate a plant at 1000V or at 1500V – you will need trained personnel, either way.

5.    600V60や1000Vと比べて、1500Vが太陽光発電所の運営やメンテナンスに与える影響はどうでしょうか?

そもそも部品の数が少なくなります。接続箱、インバーター、ケーブル、ホールセンサー、コネクタ、変圧器など全て数が減りますから、高圧にすることでOPEXにもたらされる利益が分かります。この為に安全装置や工具の値段があがることはありません。また、1000Vだろうと1500Vだろうと、運営にきちんとトレーニングを受けた作業員が必要なことは変わりません。


6.    As with every new trend, some people are in favor of this, other people are more hesitant. You have been advocating 1500V systems in Japan for 2 years now in Japan. What is it the main reason some developers are less hesitant to apply 1.500V?

It’s the risk of the unknown. “FUD” – Fear Uncertainty and Doubt.  Risk – or better: the perceived risk of the New is usually the main reason for slow adoption. That’s where early adopters – the risk takers- can profit.

When I first pushed for 1500V here in Japan in 2014, I got pushback from the EPCs and equity investors as well as my own management. “No new technologies!” was the mantra.

It’s an educational process. I’m used to that.

Now, from what I heard, we’re looking at several hundred MW under development in Japan, as we speak.

6.    新しいトレンドにはつきものですが、賛成する人もいればためらう人もいます。日本で2年間1500Vを推進してこられた立場から、ディベロッパーが1500Vを取り入れるのをためらう理由はなんだと思われますか?

未知なものへのリスクです。不安や疑い。リスクというより、新しいものに対する知覚リスクが採用を遅らせる主な理由というケースが多いですね。だから最初に実行する人々、リスクを受け入れる人々が利益を上げるのです。

2014年に初めて1500Vを推奨した時、会社の経営陣もEPCも投資家も首を縦には振りませんでした。「新しいテクノロジーは要らない!」という反応がほとんどでした。

新しいものを進めるには、いつも教育プロセスが必要です。それはいつも同じ事です。私が聞いた限りでは、日本では今現在、合計数百MWのプロジェクトが計画されているようです。

Comment