2016623日に東京で開催された第2回ソーラーアセットマネジメントアジアは、大盛況のうちに終了しました。

2016年度のカンファレンスは、国内外から200名を超えるIPP、開発、O&M、アセットマネジメント、投資・金融関連等の分野をリードする太陽光のエキスパートの方々にご参加いただきました。経済産業省による FIT改正法案をはじめ、リスク管理、パフォー マンスレベル、O&M戦略、出力規制、蓄電池 の可能性、ポートフォリオマネジメント、セカ ンダリーマーケット、日本市場においての将 来戦略といったトピックを主軸に講演や議論 が行われました。

昨年のカンファレンスの写真や参加者のコメント、参加企業の情報を下記からご覧ください。

写真

メディア掲載例

Solarplaza Flickrからすべての写真をご覧いただけます

参加者のコメント

「ファンド投資家の視点から、技術的なプレゼンテーションを見れるだけでなく、ネットワーキングができる点が高く評価できる。ファンド買収後のオペレーションの技術的サポートが可能になったので、このような素晴らしいイベントを開催してくれたことに大変感謝している」 - SDIキャピタル /// 常任取締役

「日本の太陽光アセットマネジメントについて学び、話し合うことができる貴重な機会」 - ブルームバーグニューエナジーファイナンス /// アナリスト

「非常に効率よく日本の太陽光アセットマネジメントについて学べ、ネットワークを築くことができる。」 - QOS Energy /// セールスマネージャー

「普段では出会えない企業の方々に会うことができ、お話の機会を得られるイベント。」 - ソラリグ /// ビジネス開発マネージャー

「ソーラーアセットマネジメントのカンファレンスに価値のある有益な情報を組み込むことで、ソーラープラザは前よりも更に素晴らしいカンファレンスを作り上げた」 - 3Megawatt /// CEO

 

2016年度カンファレンス参加企業の一部